出張や旅行のちょっとした移動に便利なレンタカー

取り組みの推移

ホテルの今後

ホテルの今後の取り組みは、海外のお客様へのおもてなしがポイントとなってきます。 円安効果とオリンピック効果の相乗効果により海外の旅行者は増加傾向となります。その中で、いかに宿泊施設としてどのようにおもてなしを行うかが誘致のカギとなります。 団体旅行では、アジア系の中国・台湾が主流ですが、今後はマレーシア、シンガポールなどのインバウンドも増加傾向と思われます。団体旅行の場合は、宿泊施設はあくまで付属的な扱いが多く、買い物や温泉、行楽地が主な目的となっています。文化の違いからホテルとしては、食事内容の見直しや温泉のマナーなどが必要不可欠な課題となってきます。ホテル側の受け入れ態勢を、整えることによって今後の日本のホテルの先が開けていくと思われます。

モーニングコール以外で朝起こしてもらう方法

モーニングコール以外で、確実にホテル宿泊中に朝起こしてもらう方法があります。費用は掛かりますが、朝食をホテルのルームサービスでオーダーすると可能です。朝食ではなくコーヒー1杯のオーダーでも同じことです。 普通は指定された時間にルームサービスのスタッフがドアをノックして、宿泊客は起きてドアを開けに行くのですが、もしドアをノックして、あるいはチャイムを鳴らしても宿泊客が起きてこない場合は、近くの館内電話で部屋へ電話してくれます。万一、それでも電話に出ない場合は、客室係あるいはデューティーマネージャーに連絡し、マスターキーでドアを開けて入室して起こしてくれます。 ホテル宿泊時に朝確実に起こしてもらうサービスとしてはこのような方法もホテルにはあります。

Copyright (c) 2015 出張や旅行のちょっとした移動に便利なレンタカー all reserved.